靴の臭い 消臭スプレー ナースウォッシュ シュセ 【公式通販】

   全ての靴のニオイの消臭に使える

   今、注目のアルカリ性、靴の臭いを取る消臭スプレー。

ナースウォッシュ・シュセの成分には、アルコールやエタノール、次亜塩素系と言った製品にない、天然成分で作られた水酸化カルシウムのアルカリ性成分を使用しています。

靴の臭いや足の臭いに悩みをお持ちの場合、臭いの発生が何処から来るのか?、臭いは消えないのか?ニオイを消す方法とは何があるのか等の悩みを解決出来る製品です。


靴の臭い 消臭スプレー ナースウォッシュ シュセ 【公式通販】

フランス語で「靴」を意味しています。

ナースウォッシュ・シュセの「chaussures=シュセ」はフランス語で「靴」を意味しています。

殆どの海外の家では、家の中へ靴を脱いで部屋に入る事はあまりありません、靴を脱ぐ文化は日本独特の文化だと考えられ、外から靴の裏や、靴の表面についた細菌を部屋に持ち込まず、靴を玄関先までで食い止めています。

その為、靴を脱ぐと言う行為は、靴の臭いを防ぐ為では無く、家の中、あるいは、部屋の中を清潔に保つために作られた文化ですが、昨今、海外でも家で靴を脱ぐ文化が広がっているそうです。

ただ、靴を脱ぐと言うのは、靴の臭いが無ければ問題ありませんが、自分の靴が臭い、何度洗っても靴の臭いが落ちない等、靴の臭いに悩みを持たれている方には、靴を脱がない海外の生活文化の方が良いかもしれません。

しかし、ナースウォッシュ・シュセはどんな靴の臭いでも、臭いを消せる消臭能力があり、臭いがするな、と思った時に靴の中に消臭スプレーして放置するだけで、簡単に靴の臭いが取り除ける画期的な消臭スプレーです。

現在販売している中でも、既に多くのお客様から、リピートされている、臭いが消える靴専門の消臭剤で、大手百貨店の靴売り場でも販売頂きおすすめ頂いています。

使えば必ず靴の臭いに対する消臭能力が高い消臭スプレーと言う体験を実感頂けると思います。

靴のニオイの原因

靴の臭い 洗っても取れない 靴 消臭に強いアルカリ 【公式通販】

強い嫌な臭いを取る消臭剤の条件と効果

私達にとって、アルカリ成分が必要なのはどの様な時でしょうか。
実はもう既に体の中に入っています。
それは体の中の水分が弱アルカリ成分だからです。人間の身体の68%前後は水分で出来ています、その水分の性質がpH7~7.8程度の弱アルカリ性。

天然温泉にもアルカリ成分が多いのは有名です。
身体の表面の殺菌効果や肌のエイジングケアを行い、体をリフレッシュします。

靴に付いた臭いの元である菌が存在出来るpH値の領域があり、おおよそpH4~pH10程度で存在が活発になっています。

pH4以下、またはpH10以上の領域ではどうでしょう。

靴の臭いを発生させる菌は存在出来ません。
しかし、その領域を発生させる消臭剤、消臭スプレーの殆んどはpH10以下です。

特に、香が付いた芳香剤と一緒になっている様な消臭スプレーでは、香料が菌を除菌する為の機能を阻害するとされており、確実に菌を除菌が出来なくなります。

特に靴の中で繁殖している菌は強く、増殖も速いのが特徴です。

ナースウォッシュ・シュセの消臭スプレーはpH12.4の強アルカリです。
その為、ニオイの元を出す菌をわずか数分で除菌し、ニオイ自体を消します。

靴の臭い 洗っても取れない 靴 消臭に強いアルカリ 【公式通販】

靴の消臭、ナースウォッシュシュセ足の臭い対策も【公式通販】

靴の違いによる靴のニオイ対策と、その発生原因の靴に使われている素材の関係

スポーツシューズの臭い対策


一番多いスポーツ系やスパイク、運動靴については、その殆どが「合成皮革」や「化学繊維」で出来ています。

通気性は良いのですが、一旦汗が染み込むとなかなか乾きづらく、足から出る汗の量も多いため、運動後直ぐに履き替え、リュックやシューズケースにしまい込むので、菌が増殖しやすくなっていると考えられます。

スポーツの後は、素足にも菌が付きやすくなっています。
1日180ml程度の汗を足の裏の汗穴から出ているので、スポーツ中やスポーツ直後の足は、汗が最も多く、菌も一番付きやすい状態です。

足についた菌の中には、白癬菌と言う足の裏の角質層に寄生しカビになって起きる水虫が発生します。
スポーツ後のニオイ対策には、靴の中を良く拭いて、除菌し、足も清潔に保つために別の靴に履き替えたり、足を洗ってから靴下を履いたりする事で、菌の付着を防ぐ対策を行いましょう。

スニーカーの臭い対策


普段から履かれているスニーカーは、「ウレタン」素材がソールに使用されている製品が多くクッション性は良いのですが、クッション性が高い分、その中に汗が溜まりやすく、通気性も悪く、ソールがゴムであることで、暑い日にはコンクリートの熱をスニーカーが直接吸収してしまい、足の裏に熱を伝えます。
熱が伝わることで、足の裏から汗が出て、靴のなかが蒸れて汗が溜まりやすくなります。
ウレタン素材が靴の底側にある分通気性が悪いので、菌が溜まりやすく臭いの発生が強いと考えれらます。
スニーカーの殆んどはコットン素材や合成皮革で作られている場合、適度にスニーカーを洗って、天日干しする対策をおすすめします。

また天日干しする場合、ソールを取り外してソールとスニーカーを別々で天日干しすると良いと思います。

革靴の臭い対策


男性も女性も、革靴はビジネス用に履かれる方が多く、革靴を履く人の特徴として、長時間靴を履く、立って仕事をする、よく歩く方が多く、その分、靴と足の摩擦が発生するため、足の裏から汗が出て、靴全体が蒸れ、革靴の底に汗が染み込んでいます。

天然素材は通気性もそれ程良くなく、ビジネス用はスニーカーに比べよりフィット感が強く空気の抜け道が少ないのが特徴です。

靴の表面は綺麗ですが、「革」に汗が染み込むと、なかなか乾きづらく、靴箱の中では日が入りませんので、他の靴に比べ余計に乾きづらいと言えます。
また、靴箱、下駄箱、シューズケース等は細菌の繁殖には適した環境と言え、菌が付くと直ぐに菌が繁殖してしまいます。

また、革製品の湿気で良く聞かれるのは、カビが発生しやすくなります。

カビも菌の一種です、そのため、カビが発生すると言うのは、部屋の中にも発生する原因菌が存在すると言うのと同じ環境になります。
革靴は、スニーカーやスポーツシューズの様に洗ったり干したりが出来ません。
その為、臭いは出るものと考え、出来る限りニオイが少なくなる対策として、革靴を履く頻度を少なくして出来るだけ汗が溜まらない様にローテーション履きをすれば、靴の劣化も遅くなり、靴も長持ちさせることが出来るでしょう。

ナースシューズの臭い対策


普通の靴は、靴下を履いていますので、足から直接ソールに汗が浸透する事はありません。

しかし、ナースシューズの場合、臭いの発生原因として、殆どの製品が合成皮革で出来ているため、通気性はスポーツシューズより良くありません。
また、看護婦、看護師さん達が履かれているナース用のサンダルのソール素材は、摩擦によって足に熱を持ち、足の裏から汗を流すと、ストッキングを履かれている場合、タイツの目の隙間から汗が直接ナースシューズのソールに浸透します。
ソールの裏にはクッション素材のウレタンが使われていることが多く、ナースシューズにも同様に使用されていると、汗がウレタン素材まで浸透し、合成皮革の表面から汗が抜けにくい状態となり、そこに菌が入り込んで臭いの発生原因になります。

ナースシューズもスニーカーやスポーツシューズと同じく洗う事は出来ませんが、汗の浸透を少しでも和らげるための対策として、脱いだ後はソールをしっかりと拭き取ることや、革靴同様に何足か用意して、ローテーション履きすることをおすすめします。

靴の消臭、ナースウォッシュシュセ足の臭い対策も【公式通販】

他にも様々な靴がありますが、それぞれの素材の特徴を理解してニオイを抑える対策はとても重要です。

また、靴を沢山お持ちの場合、一旦放置するとその一足から菌が他の靴に移り、臭わない靴にも菌が付着し、簡単に臭いが発生する様になってしまいます。

菌が移らない対策として、汗の染みたソールに新聞紙を入れて菌が飛沫しない対策や、タオルを入れて汗を早く吸収できる対策を取ることをおすすめします。

靴の臭い 靴の臭いをとる方法 落とせない靴は無い【公式通販】

必ず落ちる靴のニオイ、臭いが落ちない靴は無い

靴の臭いの原因 イソ吉草酸 は酸性の強い臭いで、悪臭とされています。

ナースウォッシュ・シュセは、アルカリ成分のpH12.4の強アルカリ水溶液の為、靴のニオイを発生させていている靴の奥までしみ込んで菌を除菌します。。

国産の石灰石から抽出した天然のアルカリ成分でpH12.4以下の生存域で活動する細菌を除菌し、細菌が出す分泌物の臭いの発生を抑制しまするのです。

どんな靴のニオイも消す事が出来、誰にでも安全に取り扱えるので、子供のクラブ活動で使う運動靴やスパイクシューズ等、どんな靴にのニオイにも対応出来ます。

詳しい内容はこちらもご覧ください

靴の臭い 靴の臭いをとる方法 落とせない靴は無い【公式通販】

ABOUT US

会社概要

フィーネナチュラルの役割

 今日、私達の生活環境は、自然から学び、先人から教えられた知恵と科学を利用し安全な環境で暮らしています。
これから未来に求める生活環境は、安全に安心して暮らせる環境があるでしょうか。「安全とは何か?」

例えば、農作物や家畜は、私達が食べて生きる上で必要な栄養の原点であり、それら食生活は、絶対的安全が無くてはなりません。


菌やウィルスに対する人への害は、何らかの方法で防ぐ必要があります。

臭いもその一つです。

どんなに良い環境でも、どんなにおしゃれな洋服を着ていても、臭いがによって良い環境とは言えない状況を生み出す可能性があります。

今、人が生活する環境には、様々な障害が存在し、それらを安全に取り除き、安心した生活環境が求められています。

私達はその障害をより自然に近い形で整えて行く事を考え、様々な製品開発を行っています。

Fine Natural CO.,LTD

フィーネナチュラル株式会社

本店住所
〒104-0031 東京都中央区京橋1丁目14番7号 京橋中央ビル5階